×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

神奈川新聞 1981年11月17日号

  • 1981年11月17日
原めぐみ・20歳のハマっ子−1年ぶりに新曲
カラリと笑顔で挑戦

神奈川新聞 1981.11.17

デビュー二年目のハマっ子歌手原めぐみが久々の新曲に大張り切り。十三日には、いかにも横浜らしいノースピアのノスタルジックな酒場で新曲発表会、ハマのムードで浸透をと意欲を見せた。…高校時代にNHK「600こちら情報部」のレポーターと中華街で歌のアルバイト。昨年東京12チャンネル(現テレビ東京)の「クイズでボーイハント」のオーディションに合格、番組の挿入歌「ボーイハント」でトリオからデビューしたのが昨年の十一月。…新曲「見つめあう恋」はバック・トゥ・ザ'60もの。さわやかに軽快に歌っている。B面の「涙のメモリー」には自ら詞もつけた。新曲発表と並行して、地元TVKテレビ「こあふゅーる620」のアシスタント、福井放送ラジオのDJと、電波でも活動再開。…
(神奈川新聞 1981.11.17 より)

megu-fan's eye

この記事は、私の知らない原めぐみの高校時代について触れられています。
歌手デビュー前、すでにNHKのレポーターとして活躍。中華街では地元アイドルとして輝きを放っていたのでしょうね。2曲目の「見つめあう恋」は'60sですが、その頃はどんな歌を歌っていたのでしょうか?
あのキュートな声を間近に聴けた日々、きっと異国中国の青少年たちもメロメロになっていたことでしょう。うらやましいな。

HOME BACK

Copyright(c) megu-fan 2007 All Rights Reserved.