×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

漣健児ソング・ブック

60年代カヴァー・ポップス黄金時代を築いた、日本語ポップスの先駆的クリエイター漣健児。 世代や音楽ジャンルを超えて歌い継がれた「さざなみワールド」の傑作を集めた追悼アルバム!
「CHRONICLE OFFICIAL SITE」より引用)
漣健児ソング・ブック
グレースノートより)

曲目

  1. ルイジアナ・ママ / 久保田麻琴
  2. 可愛いベイビー / 沢リリ子
  3. 子供じゃないの / 田代みどり
  4. ビー・マイ・ベイビー / 寺島まゆみ
  5. 恋のヤングガイ / 藤本好一
  6. 砂に消えた涙 / 山根麻衣
  7. ツイスト・フラ・ベイビー / 藤木孝
  8. メロンの心 / クリスタル・シスターズ
  9. ジョニィ・エンジェル / 北原佐和子
  10. チャカブン / 江美早苗
  11. 悲しき街角 / 小山ルミ
  12. 別離 / 長谷川きよし
  13. 朝日のあたる家 / 和田アキ子
  14. ダンシング・ロンリー・ナイト / ザ・ジャガーズ
  15. ビキニスタイルのお嬢さん / 田代みどり
  16. そよ風にのって / 風吹ジュン
  17. ワシントン広場の夜はふけて / 藤本好一
  18. ヴァケイション / 牧葉ユミ
  19. 悲しき天使 / 愛まち子
  20. なみだのダンス / 藤木孝
  21. 離さないで / 原めぐみ
  22. ウッド・イル・ハート / かまやつヒロシ
  23. 想い出の冬休み / 沢リリ子
  24. 口笛天国 / ザ・カーナビーツ
  25. 赤鼻のトナカイ / 小畑ミキ
  26. ドゥ・ユー・リメンバーPart1~悲しき街角~ルイジアナ・ママ / 飯田久彦
漣健児プロフィール(1931/2/4-2005/6/6)
(本名:草野 昌一 株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント 前代表取締役会長)

昭和6年(1931年)2月4日 東京に生れる。早稲田大学第一商学部在学中の昭和26年9月に父親の経営する新興楽譜出版社に入社し「ミュージック・ライフ」を復刊させ、編集長をつとめた。
昭和32年 新田 宣夫(にったのぶお)の名前で「赤鼻のトナカイ」を訳詞したのを皮切りに、自社出版物のソング・フォリオ用に訳詞を始める。
昭和35年10月坂本九の「ステキなタイミング」の訳詞を漣健児で発表。以後、当時のアメリカン・ポップスをリアルタイムで400曲以上を日本語化した。
漣健児オフィシャルサイトより)

HOME BACK

Copyright(c) megu-fan 2007 All Rights Reserved.